「バブルかも?」と思った時の投資戦略

管理人の投資体験

バブルかも・・・?

久しぶりの更新となります。

2021年1月、今現在のSP500チャートをみると、どうもバブルな気がする?・・・

googleより「SP500チャート」

しかし、まだ上がるなら、株価上昇を指を加えて見ているのも悔しい・・・

そう思っていましたが、私の中で結論が出たので、ご報告します。

楽天ボルティ+全世界株式インデックス

楽天ボルティとは、VIXというボラティリティ指数を利用したファンドのことです。詳細は別記事で記載していますので、ここでは簡単な説明にとどめます。

簡単にいうと、VIX指数とは、暴落時に上昇する指数です。

市場参加者の恐怖を反映するため「恐怖指数」とも呼ばれています。

googleより「VIXチャート」

VIXに連動する投資商品に投資すれば、株価暴落時にVIXは上昇するため、暴落時に利益を得ることができます。しかし、VIX指数に連動する投資商品(VIX先物など)は、暴落時以外は値段が低下していくため、保有し続けるのが難しくなっています。

これに対処するため、「楽天ボルティ」はうまく工夫しており、平常時と暴落時で買いと売りを切り替えることで、うまく利益を得るように設計されています。

暴落時のリスクヘッジは?楽天ボルティについて

バブルかなと不安があり、暴落が予想される時には、楽天ボルティを保有することで、暴落時に利益を得ることができると考えます。

しかし、暴落はいつ生じるかわからないため、暴落しなかった場合でも利益を得られるように、自分が適切と思う割合の全世界株式インデックス(米国SP500などでも可)を保有するとよいと思います。

と、ここまでが年末までの自分が考えていたことでした。

その後考え直した結果、楽天ボルティは手数料1%であり、手数料がより安い「楽天みらいファンド」の方が良いのではないかと思い始めました。

楽天みらいファンドとは?

楽天みらいファンドとは、インデックス株式+債券+楽天ボルティの複合的な投資商品です。

前ブロックで解説した私の投資戦略と似ていますが、よりバランスの取れたポートフォリオとなっています。過去の成績をみると、比較的リスクは低いです。リスクが低いにも関わらず、リターンは年率10%と十分に得られています。

株式市場のバブルと感じて、暴落が心配であれば、何も考えずに「楽天みらいファンド」に投資するのがベストだと感じました。

「Market timer」にならず、「Stay market」を守る方が、長期的に安定した利益を得られると、最近は感じるようになってきています。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

参考URL:「楽天みらいファンド」https://www.rakuten-toushin.co.jp/fund/nav/rimrf/pdf/rimrf_P.pdf

コメント

タイトルとURLをコピーしました