2021-10

管理人の投資体験

投資・資産運用の勉強 おすすめ本3選

投資・資産運用の勉強におすすめの本3選をご紹介させていただきます。投資の勉強をするにあたって、ネットでも勉強はできるものの、紙ベースで勉強したい方もいるでしょう。私もそうでした。時代から遅れているかもしれませんが、なんとなく紙の本から得る情報は信頼性が高いと感じていました。 投資の教科書を探して、吟味した上で、辿り着いた本をご紹介させていただきます。
管理人の投資体験

投資・資産運用の勉強 おすすめサイト3選

投資や資産運用を始めてみたいけど、なんか怖い…そう感じている方は多いと思います。私もそうでした。 投資の正しい知識を身につけることで、そう言った不安は払拭できると考えます。投資の正しい知識を身につけるにあたって、おすすめのサイト3選をご紹介します。 これからご紹介するサイトは、それぞれ金融庁や一般社団法人の協会が運営しておりますので、信頼性が高いと思います。
投資の意味を理解する

「投資と経済を理解する」1〜12章まとめ

「投資と経済を理解する」で解説しているのは、「資産運用としての投資」です。「資産運用としての投資」とは、可能な限りリスクを減らす(=元本から減らない)ことを最優先しています。そのため大きなリターンは期待せず、30年投資して総資産が2-3倍くらいを目指しています。 「投資と経済のロジック」では、これからも「安全な資産運用としての投資」を行う上で理解しておいた方が良い情報を発信し続けます。よろしくお願いします。
管理人の投資体験

株価暴落のリスクヘッジはどうするか?

コロナショックのような暴落はいつ生じるか、わかりません。 「安全な資産運用としての投資」を目指すために、VIXを組み込んだファンドを利用しましょう。 楽天ボルティは大暴落の時に価格が上昇するファンドのため、リスクヘッジとして利用できます。
小話いろいろ

2021/10/1-10/23 ブログ運営報告

2021年9月末に設立した当ブログの運営報告をさせていただきます。運営期間を10/1-10/23として報告させていただきます。データ分析のためにgoogle analyticsとgoogle search consoleを始めたのは10/16だったため、1週間分のデータとなります。すでに40人程度の方々に当ブログを閲覧していただいたことに、感激しています。より多くの方々に利用していただけるブログを目指します。忙しい時は週1程度になるかもしれませんが、記事の更新を続けていきたいと思います。
投資の意味を理解する

第12章 出口戦略 いつ売るか?

投資の出口戦略について考察します。 大切なのは、年齢とライフプラン、認知バイアスによるバブルを考慮することです。 投資しているお金は10年後まで使えなくなる可能性がある、と考えた方がいいと思います。
小話いろいろ

私見 なぜ経済は成長するのか?

経済が成長する根源にあるのは、人間の欲求だと考えます。 私たちは、より美味しいものを食べたいし、より素敵な服を着たいし、より心地よいベッドで寝たい…というように、より良い生活を求めます。この欲求により需要が増大し、この需要を満たすために生産性は向上し、供給も増加します。
管理人の投資体験

私のNISAとiDeCoの話

結論から言うと、まず何も考えずにiDeCoだけは始めましょう。余裕があればNISAも始めましょう。投資の勉強はそれから始めても遅くありません。 また、以下の2つは絶対に理解しておきましょう。 ①NISAは投資の利益が非課税、②iDeCoは投資に使うお金は控除され、かつ利益は非課税になる可能性が高い。
投資の意味を理解する

第11章 入口戦略 何を買うか?いつ買うか?

いよいよ、より具体的な話に入っていきます。株式投資を行うにあたって、何を買うか?いつ買うか?について考察していきます。 私の中で何を買うか?の結論はすでに出ています。「世界全部の株を買う」です。いつ買うか?の1つの結論は「いつも買う」です。しかし、現実の株価市場においてはバブルと暴落という現象が発生します。そのため「いつ買うか?」は、バブルも考慮する必要があります。
投資の意味を理解する

第10章 「インデックスファンド」とは何か?

インデックスとは、選ばれた優良企業の株価を合成した数値です。平たくいえば「選ばれた優良企業の成績の集まり」とでも言えるでしょうか。インデックスに含まれる企業は、上場企業から選ばれます。上場企業とは、株を販売して事業に必要な資金を集めることを認められた企業のことです。上場企業となるには厳しい審査を通り抜ける必要があるため、上場企業はある一定水準以上の信頼があるといえます。インデックスファンドの主なメリットは3つあります。1つずつ説明していきます。
タイトルとURLをコピーしました