2021-12

投資の意味を理解する

第18章 「バブル」とは何か?

認知バイアスとは、「人間の思考の癖や傾向」のことです。思い込みや勘違い、といっても間違いではないと思います。頭の良し悪しではなく、人間である限り逃れられない現象です。 認知とは、何かを心に思い浮かべることです。目に前にりんごがあれば、あなたは「りんご」と心に思い浮かべるでしょう。同じように自然と心に思い浮かべてしまう思考の癖や傾向のことを認知バイアスと言います。具体的にバブルの話に入っていきましょう。
小話いろいろ

高配当株を買うべきか?

私は、高配当株はあまり魅力的ではないと感じています。仮に高配当株を購入するとしても十分な吟味が必要だと考えます。 考えるべきことは、2つあります。1つ目に、なぜその株は高配当なのか?2つ目に、その株は今後も高配当なのか? 順に考察していきます。
投資の意味を理解する

第17章 「リスクの種類」には何があるか?

今回は、リスク(不確実性)の種類について解説させていただきます。リスクには①価格変動リスク、②信用リスク、③為替変動リスク、④カントリーリスクの4つがあります。 リスクを適切に把握して、分散して、最善の資産運用を目指しましょう。
投資の意味を理解する

第16章 「インフレ」とは何か?なぜ生じるのか?

インフレを理解することは重要です。なぜなら、お金の価値に直結するからです。インフレになっているのを知らずに貯金していると、あなたのお金が目減りしていくことになります。逆にデフレの状況では無理に投資するよりも、現金で保有した方が有利な場合があります。このように、インフレとデフレを理解していないと、あなたの資産を適切に管理することが難しいと思います。インフレとデフレを理解して、適切な資産運用を行う力にしましょう。
投資の意味を理解する

第15章 「貯金」のメリットとデメリットは?

タンス貯金という言葉もあるくらいに、貯金は日本人にとって最も一般的な資産の管理方法と言えます。貯金はもちろん必要ですが、自分の資産を全て貯金していてもいいのでしょうか。貯金のメリットとデメリットを解説していきます。 貯金のメリットは主に2つあり、流動性が高いことと無リスク資産であることです。また、デフレに強いがインフレに弱いという特徴があります。
投資の意味を理解する

第14章 「含み益」を幻にしない方法

確かにずっと持っていれば、世界インデックスファンドなら年平均2%上がり続けると予想できます。 30年持ち続けていても、いざ投資を終了しようとした時に暴落しているタイミングだったら、目も当てられないことになるでしょう。 含み益が幻になってしまいます。そのため、含み益を幻にしない出口戦略を考える必要があります。
投資の意味を理解する

第13章 投資する金額は「夜安心して眠れる金額」まで

告白しますが、私は全世界インデックスファンドで+20%だったので味を占めて、新興国インデックスファンドに投資しました。幸い+0.3%で終わりましたが、もしあのまま続けていたら、大きく下落したときにメンタルが持たずに売却してしまっていただろうと予想されます。気になって夜眠れないなんてことがあっては、あなたの人生の損失となります。例えそれでお金を儲けても、健康という何より大切な財産を害するようでは、むしろマイナスなのではないでしょうか。
小話いろいろ

2021/10/24-2021/12/3 ブログ運営報告

ブログ2ヶ月目の運営報告です。 ブログ開設から1ヶ月目までに22記事公開しましたが、その後は1週間に1-2記事程度のペースで、現在は合計32記事となっています。 ブログの更新頻度を落としてからは、アクセス数が減った印象があります。
小話いろいろ

物事を「改善」する方法

この記事では、私が実際に役立ったと感じた物事を「改善」する方法について、私自身の体験談を交えながら解説します。 自己研鑽したい、成長したい、と考えている方の参考になれば幸いです。 ①動機、②記録、③反省、④目標、⑤行動、⑥休憩に分けて説明していきます。
小話いろいろ

銀行や証券会社が破綻したらどうなるのか?

大切なお金を預けている銀行が破綻したら?投資のお金を預けている証券会社が破綻したら? 結論を言うと「銀行の一般的な利用者の場合、預金の1000万円までは保証」されます。 「証券会社に預けている証券やお金は、全額保護」されます。
タイトルとURLをコピーしました